印刷・紙器業者さまへ お取引について お問い合わせ

ダイゲンなう~生活の中の紙ブログ~

ダイゲンなう~生活の中の紙ブログ~

2014/07/15 第24回 紙わざ大賞!!

第24回 紙わざ大賞!!が主催 特種東海製紙株式会社で行われるということなので・・・
告知です!

以下コピペです。

募集内容 紙という素材を追求した“紙わざ”作品。平面・立体など形態は問いません。
出品料 無料
応募資格 16歳以上の日本在住の個人もしくはグループ
出品手続 9月5日(金)必着
作品提出 2014年9月22日(月)~9月24日(水)
審査員 日比野克彦(アーティスト)/福田美蘭(画家)
賞典 紙わざ大賞(50万円)/紙わざ準大賞(30万円)/特種東海製紙賞※1(20万円)
協賛会社各賞(20万円)/東日本大震災復興賞※2(10万円)/学生賞※3(5万円)
各種特別賞(3万円)/入選(1万円)

※1 「特種東海製紙賞」は弊社の製品が使用されている作品が条件になります。
※2 東日本大震災からの復興をテーマとした作品が条件になります。
※3 学生の作品が条件になります。
特種東海製紙の“ファンシーペーパー”

作品展 各賞、入賞作品は「入賞作品展」で展示いたします。
[会場]銀座十字屋ホール 東京都中央区銀座3-5-4
[期間]2014年11月6日(木)~9日(日)
主催 特種東海製紙株式会社


参加しようと思いましたが、あまりにもレベルが高すぎて心が折れました・・・
当社へのお客様事例・・・皆様の力が・・・頼りです(笑


2012/06/19 国際的な紙の話題。

こんにちわ。梅雨ですね。
高橋です。

ネットにて紙の話題がありましたので抜粋します。


Association of American Publishers(アメリカ出版社協会)が今日(米国時間6/15)発表した数字によると、ついにeブックの売上がハードカバーの書籍を上回った。1~5月で、2012年はeブックの売上が2億8230万ドルに対し、ハードカバーは2億2960万ドルだった。前年同期ではeブックが2億2040万ドル、ハードカバーが2億2350万ドルだった。

ハードカバーの唯一の成長部門は青少年児童で、売上は1億8770万ドルに上昇、児童のeブックは2011年の390万ドルから6430万ドルへと急増した。

eブックの浸食は、衰えを知らない。


児童青少年のハードカバーとペーパーバックは共に堅調な二桁成長を見せた(68.9%と61.9%)が、AAPとしては初めての児童青少年eブックの月間データは、前年同期比で+475.1%の大幅増を見た。一部の出版者はそれを、リーダー製品の種類が増えたことと、いくつかの人気出版物のせいとしている。


2011/12/15 日本製紙 トイレットペーパー

師走ですね。
営業、たかはし です。

今回はネタに困っているので、メーカーさんの商品を紹介させて頂きます。


~ここから~
いつも使っているコピー用紙や印刷用紙に表裏があるように
トイレットペーパーにも表裏があります。
私自身はあまりに気にせず使っていましたが、通常は巻いている外側(見えている面)が表で
反対の裏面は繊維が毛羽立っていて肌触りが悪いです。
表裏両面をなめらかにする技術がなかったために、各メーカーは紙の柔らかさを求めて研究を続けてきました。

そんな中、柔らかさの限界に近づく一方で「裏面を外にして巻き取って使う」など、メーカーの想定外の
使い方が2割程度いることが判明、30年来の懸案事項として再浮上したのが「表裏差問題」だったそうです。

新しい加工技術や生産ラインの改良など、いくつもの課題をくりあして大変な苦労の末に完成した

“どんな使い方をしても満足できるトイレットペーパー”

メーカーによると評判も上々のようです。

一度日本の製紙技術の素晴らしさを確認しながら使用してみては?

2011/03/12 東北地方太平洋沖地震

みなさんこんにちは。
ダイゲンの大谷です。

大変大きな地震がおきてしまいました。

被災者の方を思うと心が痛く、いたたまれない気持ちでニュースを見ています。
心からお見舞い申し上げます。

製紙業界も大変大きな被害を受けた模様です。
先程日本製紙さんからニュースリリースがありました。
主力工場の石巻工場は土砂が堆積し、製品は全損のようです。
岩沼、秋田、勿来工場も被害が大きいようです。
三菱製紙の八戸工場も。

従業員の皆さんの無事と、これ以上被害が大きくならないことを
心から祈っております。

なかなか情報が入ってこなく心配ですが、世界最高品質の紙を
もう一度復活させてください。

被災された皆様、ありきたりな言葉しかかけられませんが、
頑張ってください。心より応援しています。


2008/06/25 紙の世界的な需要増大と価格について

みなさん、こんにちは。ダイゲンの大谷です。
6月1日より、洋紙の値上げがありました。
今回で4回目の値上げになります。一昨年の春、秋、昨年の7月、そして今年は6月。
特に昨年は10%、今回は15%とという大幅な値上げになっています。
原油価格の高騰、原材料の高騰が大きな原因で、さらに原油が上がれば再値上げの可能性もあり得ます。
現に、24日の製紙連合会の芳賀会長の記者会見では「原油150$で再値上げ」とのコメントがありました。
とどまることを知らない値上げ。原油は投機マネーも入りバブルの状態になっているので、日本のバブルや、アメリカのサブプライムローンの住宅バブルのようにいつかははじけるでしょうが、チップやパルプ、古紙などの原材料は、世界的な需要増で価格が下がることはないと思われます。
株式会社竹尾さんのから頂いた資料によると、世界の紙需要は1996年で2億8284万トンが2006年は3億6284万トンと、10年で8000万トンも伸びております。(ちなみに日本の年間生産高は約3000万トン。)2010年には4億7917万トンとここ4、5年で実に1億トンの伸びを予想しております。特に目を引くのが中国の伸びです。インドはこれからというところです。
これらの数字をみても原材料の世界的な争奪戦は激しくなり、紙の価格は大きな流れでとらえるとが下がることはないと思われます。
このような状況のなか、お客様へは大変心苦しいのですが紙の値上げをお願いいたしております。ユーザー様には紙業界、印刷業界の厳しい現状をご理解いただき、紙の値上げ、印刷物の値上げへのご理解のほどよろしくお願いいたします。

 



ダイゲンコーポレーション ホームへ ダイゲンなう~生活の中の紙ブログ~
カテゴリー別一覧
ダイゲンコーポレーション

[本社] 〒918-8231
福井県福井市問屋町1-2

TEL 0776-22-1760
FAX 0776-27-1463
MAIL info@daigen-goushi.com

[アクセス]
JR福井駅より車で10分

  • ペーパーアイテム専門店 PAPERJACK WEDDING
  • 紙通販ダイゲン
  • 名入れ印刷 カレンダー通販 ダイゲン