紙加工ダイゲン

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ブログ

会社案内

TEL:0776-22-1760 FAX:0776-27-1463
受付時間 AM9:00~PM5:00(平日) FAXは24時間受付

紙のプロの視点から生活の中で使われている紙にスポットを当てた情報を発信していきます。また、社内の取り組みから日常のことまで情報満載です!

2019.04.26

「平成から令和へ」 という話題でもう一つ

紙通販ダイゲン 村上です。平素のご利用ありがとうございます。
あと数日で、新しい元号となります。
元号が変わる事での、紙の需要や動きについて少し雑談をします。

私は、紙を扱う会社に昭和の時代に入社し、平成の時代で引退かなと思っていましたが、
しぶとくも煙たがられながら、令和の時代に入っていくようです。
そこで、昭和から平成に変わった時の紙の動きをふり返ってみると、今回と随分違う
ように思います。

平成になった時は大変、大変忙しかった。よく紙が動きました。(いっぱい売れました)
なんといっても、今のデジタル環境とは全く違う環境に有り、紙 全盛の時代でした。
情報伝達手段として紙に勝るものはなく、パソコン、ワープロもまだまだ一般に普及して
使われる時代に至っておらず、ましてや、スマホのスの字も見当たりませんでした。
いろいろの印刷物や出版物でニュースや情報を発信しており、文化のバロメーターとして
の高さが、そのまま紙の生産量、消費量を押し上げていました。

今回は、今上陛下の御退位と新天皇陛下の御即位が事前に予定され、準備されていたと
いうことで静かに移行していくとはいえ、紙媒体の動きは前回のような、大きなうねり
はありません。静かに動いているというのではなく、紙媒体そのものが縮小しているの
は間違いのないところです。紙屋と致しましては大変さびしいのですが。
といっても、紙がなくなるわけではありません。一般の印刷物や出版物の減少はあるも
のの、紙の機能や用途がなくなるわけではなく、むしろ、環境問題などで新しい時代に
ふさわしい素材としての紙の価値の輝きが増しております。

平成最後のブログとなりますが、新しい時代を迎えなお一層飛躍するようチャレンジして
いきます。 紙のプロ、紙の道しるべとしてこれからもがんばってまいります。

紙加工に関するお見積り・お問合せはお気軽に

contact